少額の資金で取引ができるFX

FXの優れた点の一つが少額の資金で取引ができることです。


取引に必要な金額は口座やスキルによって違うと考えておくべきなのですが、大まかに言えば10万円あればそこそこの取引ができます。
1万円しかない場合でもうまくすれば取引は可能です。

このように少額で取引ができる理由はレバレッジをかけることができるからです。



最も多く取引されているドル円レートが1ドル=120円だった場合を考えてみます。

FXの取引における通貨単位は業者ごとに異なっていますが、多くの場合には1万通貨単位となります。

ですから1万ドルで取引をすることが必要となります。1ドル=120円であれば、1万ドルは120万円になるわけですが、レバレッジをかけることができるために、120万円の資金がなくても取引ができるのです。

実際にどれくらい必要になるのかというと、これはレバレッジの契約によって異なります。個人の場合、FXでは25倍に設定されていることが多いです。

仮に25倍である場合、10万円の資金を預ければ250万円までの取引が可能です。



これがレバレッジのすばらしいところです。

上の例では120万円の取引ができれば良いのですから、4万8千円あれば良いわけです。

しかし、実際には損失が発生することなどもありますから余裕を見ておくべきでしょう。

FX会社を実際に確認しませんか。

それを考えれば、まずは10万円くらいが妥当な資金だと考えられます。
もちろん、1000通貨の取引をするのなら、1万円くらいが妥当になります。